キャッシングの金利

キャッシングするにあたって、利息と言う物は付き物です。

利息とは、簡単に言えば借入の手数料のようなものです。

ちなみに、一定期間で払う利息を金利と言います。

キャッシングの金利に関しては、キャッシング会社によっても異なるのが特徴です。

金利の上限は出資法、利息制限法という二つの法律によって決められています。

出資法では年率を29.2%としており、それ以上の金利を請求した場合には法律違反に当たります。

また、日歩とは一日の利息、月利とは一ヶ月の利息を言います。

そして、年利が一年間の利息のことを指します。

キャッシングのイメージ的に金利が高いと思われますが、銀行系・信託系・専業系など、キャッシング会社の種類によっても金利には差があります。

銀行系キャッシングは銀行によるものですから、金利も良心的とされています。

クレジットカードと言った信託系キャッシングの金利は高く、消費者金融も会社によって高い利息になっています。

法律違反に当たる金利を設定しているキャッシングは闇金です。

キャッシングで失敗しないためには、金利についても注目してみましょう。

その点も他社と比較していきながら、借入を行うキャッシング会社を検討してください。

 

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*