光回線の速度が遅くなる原因として考えられること

光回線を使用ているのに回線速度が遅いと感じる時には、様々な理由が考えれます。

まずは、LAN側に不具合がある場合です。回線速度は、使用しているルーターやLANケーブルで大きく違ってきます。例えば、LANケーブルには数種類あり、その性能の高さにも違いがあります。そのため、性能の高いLANケーブルに変えるだけで、回線速度がかなり速くなることが多いです。ルーターにおいてもそれは同じです。また、モデムまでの電話線の長さによっても回線速度が遅くなることもあるので、接続環境を見直すことも大切です。

この他、光回線を提供しているWAN側の問題による原因も考えられます。例えば、集合住宅の場合、1つの回線を複数人で使用する形となります。そのため、利用者数が増えることで回線が遅くなってしまうのです。

また、プロバイダも原因の1つとして考えられます。プロバイダのサーバーの処理能力が遅いと、それが回線速度のも影響するからです。利用環境によってプロバイダとの相性が違ってくることもあります。同じプロバイダでも、地域によって、スムーズなエリアと遅いエリアの違いが出てくることもあります。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*